Information

二十二会 演劇作品「これが100である」

お百度参りをしてみようとおもう。
百回も同じことをしたら、飽きるんだろう。
でも、飽きるまでやる。
そうしたら、何も考えなくても同じことができるようになるんだろう。
気が付いたら、お婆ちゃんになっているんだろう。
くりかえす毎日と、
くりかえす稽古で、
老いと演技について、演劇作品にします。
世の中の理がひっくり返る、その瞬間まで。

原作:観阿弥「卒塔婆小町」より 構成・演出:渡辺美帆子
出演:遠藤麻衣
映像:酒井一樹
    池上弾

日時:2013/9/24(火)19:30〜(開場19:00)
会場: HAGISO
(JR山の手線「日暮里駅」西口、東京メトロ千代田線「千駄木駅」2番出口より徒歩5分)
料金:1500円(ワンドリンク付)
※公演終了後は、バーとして開放いたします。

【予約方法】1.または2.の方法でご予約ください。
1. nijyunikai@outlook.jpまで、1.お名前(フリガナ)2.メールアドレス 3.電話番号 4.人数を記載の上、メールをご送信ください。(二十二会からの折り返しの連絡をもちまして、ご予約完了となります。)
2. HAGISO店頭にて予約用紙に記入していただきます。

お問い合わせ先:080-3093-4434 / nijyunikai@outlook.jp

二十二会とは:
演出家、渡辺美帆子と俳優・美術家、遠藤麻衣による演劇団体。

渡辺美帆子
1987年東京都生まれ。演出家。渡辺美帆子事務所主催。2010-2013年青年団演出部所属。劇場に女性を展示したインスタレーション型演劇作品「点にまつわるあらゆる線」(2012)、人形を街角に置き、そのデータを元に俳優の人格形成を行う演劇作品「次、誰か、よろしく!」(2012)等を創作。

遠藤麻衣
1984年兵庫県生まれ、東京在住。俳優/美術作家。2013年、東京藝術大学大学院美術研究科壁画研究室修了。最近の主な活動としては、演技をテーマとした約16分の映像作品、「彼女のことをはなしている、彼女のことばで」(2013)、浅草、雷門界隈で行ったパフォーマンス「ghost」(2011)、などがある。